×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御礼について

 昨年3月より12月23日まで、千葉県流山市・松戸市・東京都足立区で展開させて頂いた観光案内及び支援活動に於いては、
流山商工会第二支部・老人会ことぶき会・日野新選組同好会・綾瀬新撰組研究会・株式会社秋元・ましや・柳家・有限会社富塚・株式会社マキノ商店・寿美屋・新選組流山隊実行委員会
並びに
総武流山電鉄株式会社・足立区郷土博物館・足立区土木部公園管理課・足立区西部公園管理事務所・流山市博物館・流山市文化会館・流山市マーケティング課・松戸市観光協会・小樽市東京事務所・小樽観光協会・宮古市観光協会等各地行政・関係者各位
の深い御理解と御協力にて、総活動日数89日・受益者(御案内来訪観光客数)30123人・ボランティア派遣総数448名の実績を数えて完全無事故にて大勝利を納めさせて頂きました。

 誠に僭越ながらこの場にて皆様に深く御礼申し上げますと共に、私達が体験した89日の活動から見い出した「流山スタイル」の歴史文化観光活性化活動を、今後も更に深化・拡大し、まちづくり活動を展開する地域の皆様に御提案・御支援申し上げられるまでの完成を目指し、勇猛精進名称普聞に至りますまで努力して参ります事をお誓い申し上げ、御礼の表意とさせて頂きます。

平成十七年四月

2004年度の活動報告

幕末機動警察隊・新選組(特定地域観光活性化支援事業=鉄道輸送警備隊)

 前年度からの継続事業として大河ドラマ放送に合わせて実験的に取り組んだ「新選組」観光支援は、現場に要員を派出して観光案内や催事応援を行う「実動」部分と、弊連盟のホームページを基盤として新選組由縁地の紹介やアンケート等の実施により「歴史文化の観光資源化」の調査研究を行う「ホームページ」部分に区分し、「実動」部分は千葉県流山市流山の「大久保大和守本陣跡」(=近藤勇陣屋跡)での観光案内カウンターの仮設運営・観光案内と総武流山電鉄流山駅頭の史跡案内を展開する一方、流山の観光来訪促進と新選組由縁地広報を兼ねて、レールフェステ開催時に東京都足立区北鹿浜公園で資料配布と観光案内を行い、足立区綾瀬の有志等による「綾瀬新選組ウォーク」(10月開催)並びに松戸市市民活動サポートセンター主催の「矢切歴史探訪ウォーク」(8月開催)では警護・案内の要員支援を行った他、流山商工会の要請で「新選組来訪に関する講演会」(7月開催)等も展開した。

 流山での展開では、地元商店街(流山商工会第二支部有志)と老人会「寿会」がやはり観光来訪客に対する接待(無料湯茶提供・臨時グッズ売店・「勇凧」制作実演販売等)を行っており、この地元組織と協働で「本陣の盛り上げ」を行うものとなり、7月の地元祭礼や花火大会・「ゆかたまつり」等で商店街に「溶け込む」形で相互支援体制が構築され、JR東日本主催のウォーキングイベント・新選組サミットイベント等の催事展開で大きな成果を得る事が出来た。

 また5月9日より学生ボランティア2名が参加、登録で結果21名の松戸市在住の中学1年生女子学生が参画し、「新選組隊士」の衣装での御案内は来訪客はもとより地元でも好評で、11月の新選組サミットでは拙いものの「舞踊」を披露し、全国の新選組まちおこし組織からも注目されるに至った。
 一方で、隣接するとは言え「他所者」として流山市内の一部新選組研究・同好組織や市役所商工課等からは協力拒否に止まらず、妨害的とも受け取られる行為も見られ、当初配布を予定していた流山市観光マップが入手出来ず、結果として自前でマップを作らなければならなくなり、経費的・精神的に継続について厳しい状況となった時期もあったが、「本陣」現有者をはじめとして流山・松戸の幾つかの商店主・事業者が協賛公告費や寄付金を寄せて頂き、自主制作マップは41000部を作る事が出来、保存用数部を残して市内商工事業者や総武流山電鉄流山駅・イトーヨーカドー流山店・松戸市市民活動サポートセンターで完配する事が出来た他、商店街ではほぼ毎回昼食をボランティア全員に無料で提供して頂く等強力な応援も日々増加した。何より、全く接点の無い松戸市の中学生と流山市の商店街・老人会が家族同然の溶け込み的深いコミュニケーションで結ばれ、夏以降各催事で無事故成功を納められ、年度末までに24名の社会人を含む「ボランティア人口と活動機会の創出」を実現した事が最大の事業成果である。

 これらの実績から3月には流山市行政サイドの新選組観光推進活動組織「新選組流山隊実行委員会」より公告協賛金と感謝状が付与され、全国新選組サミット準備会(新選組まちおこし全国連絡組織)のオブザーバー団体に加えられる事になった。

 尚、実施日数は83日間(流山派遣部分のみ)で、ボランティア活動人口は延べ448名<うちボランティア=特定準会員352名を含む>、御利用人数は30123名となり、レールフェステ・綾瀬派遣等を含めた総派遣日数は89日で、1月1日から12月31日までの本陣来訪客推測値は75000名、これにイベント等の来訪者を加えると約90000名が来訪したと見られる。(交通文化連盟鉄道輸送警備隊算定・流山市長公表値は約40000名)
 これに連動して弊連盟で開催した催事は6月6日に参加者20名を数えた「下総新選組行軍」(ウォーキングイベント・松戸駅~流山本陣間)のみだったが、聖徳大学の歴史サークルや松戸市内はもとより葛飾区や豊島区からも参加があり、あいにくの天候ではあったものの無事故で終了している。

 別途、衣装については当初は法被2枚でスタートしたが、後に袴・着物や模造刀・傘等小物まで寄贈が多く集まり、買い揃えたものと合わせて9人分程度まで常備出来る様になった。
衣装については流山市マーケティング課・商工会の協力で法被の無償貸与があり、この支援で演出的にはかなり大きな影響・反響があった。3月からは本染羽織の無償貸与も始まり、新年度の活動に期待を寄せて頂いている。

 一方、ホームページ部分では、大阪から小樽に至る全国の新選組由縁地の紹介と、ネットアンケート(2種類)を実施、アンケートは「新選組観光」に質問内容を絞り込み、今後の観光・まちづくり施策の参考資料として関係者・関係自治体はもとより、弊連盟ホームページ上で公開するものとしている。但し、カウンター等設置は個別にはしていないので閲覧者の数値は抽出出来なかった。

平成十六年に於ける流山への新選組関係観光来訪者数推測値

平成17年3月23日

業務局地域部地域事業科 ○平成十六年の流山市根郷地区(新選組近藤勇陣屋跡=大久保大和守剛本陣跡=株式会社秋元小売部敷地及び総武流山電鉄流山駅付近)来訪客数

平成十六年に於ける第二機動警備隊特科中隊活動実績

平成17年8月1日 鉄道輸送警備隊/業務局地域部地域事業科

☆旧第二機動警備隊所管「新選組観光案内ボランティア」

(2004年3月28日~12月19日、流山市・松戸市・足立区にて実施)

☆活動詳細報告☆